おとのいろ

とある整体師のブログ(※記事中のホームページリンクは無効です)

*

能動的と受動的なお客さま

      2018/04/09

スポンサーリンク

mmm

21日以降のご予約はまだまだ余裕があります

3/31までとなっておりますので、ぜひこの機会をお見逃しなく!

 

以前のブログにも書かせていただいたのですが

今現在、サロンと並行して月1~2回

オフィスへ派遣されて、福利厚生としてのボディケアを行っています

 

通常、今まではお客さまの方から店舗へ出向いていただいて

もしくは、電話で依頼をいただいて出張に伺う

という、お客さま側からの自発的な行動が発端の行為で

望んでいただいてから行うものでしたが

オフィス派遣というのは、ちょっと違った部分がありまして

もちろん社長様なり、上層部の方々から依頼があって契約が発生するので

望まれてはいるんでしょうが

実際に施術を行うお相手は社員の方なので

「タダで、しかも仕事中にマッサージが受けれるならそりゃ受けるでしょ」

的な割と受動的な感覚が大きい気がしています

 

そうなると施術中、施術後の反応が今までの自分の経験とは少し違ってきて

これが非常に難しい

解釈がわからない

「タダでマッサージが受けれるから受けてる」

それ以上でもそれ以下でもない

おそらくこれが大半の社員さんの本音だとも感じています

 

でもここで注目するのが

「タダだから受けてる」

という事は、うまく解釈すれば

経済的に問題ないのであれば受けたい

と、大半の人は感じている

要は大半の人は「受けたい」と思ってる

という事ですよね

いわゆる「潜在的なお客さま」

ですよね

 

自分のお財布からお金を払って受けられるお客さまは

反応もはっきりとしています

よかったらよかった

イマイチだったら言葉に出さないまでも、表情でわかります

良いも悪いも施術者側に伝わりやすいので

私達も反省したり、喜んだり

何らかの次に繋げる事のできる感想をいただけます

それはもちろんやりがいに繋がる大切なレビューです

 

それではオフィス派遣のように特殊で、反応が割と薄いレビューの場合は?

私個人の性格上、反応が薄いとどうしても勝手にネガティブに捉えてしまって

ひとりで勝手に凹んで

という面倒くさい奴になってしまいがちなんですが

ちょっと前の考察に戻って

潜在的には「受けたい」とは思ってるお客さまなのだから

これはチャンスなんですよ!

どちらかといえば「受けたい」のですから

「こんなに気持ちいいもんなんですよ」と無言のゴリ押しを伝える事ができたなら

きっと自身の足でどこかのサロンなり治療院なりの扉を開いていただける日は近いはず

 

最近はそう前向きに捉えて

月に1回、もしくは2回の派遣日を試練を位置づけて頑張っています

 

たまにですが

今まで反応の薄かった社員さんが

何度か担当させていただいた事もあってでしょうが

意見や感想を言っていただけたり

施術中の会話が盛り上がったり

終了後にものすごく気持ちよさそうな表情をされたりする事があって

『ああ、これこれ!』

『この表情を見るために私は頑張ってきたんだ』

と、一気に昇華する瞬間も出てきはじめて

恥ずかしながら感極まって泣きそうになる事も多々あり

 

20年近くこの仕事をやってますが

それでもまだまだ新しい発見もあったり

何度も同じ、嬉しさの感情で泣きそうになるのはいつまで経っても変わらないですね

 

いつか、どこかの潜在的なお客さまが

私のサロンの扉を選んで開けていただける日を心待ちにして

そう考えるとさらに夢が広がり

また前向きに頑張っていこうと強く感じます

 

もしよろしかったらランキング応援してください
ポチッとワンクリック!


自宅サロン ブログランキングへ

にほんブログ村 美容ブログ ボディケアへ
にほんブログ村

美容・健康

スポンサーリンク

 - 働き方 , , ,