おとのいろ

とある整体師のブログ(※記事中のホームページリンクは無効です)

*

産後の骨盤矯正に関するエトセトラ

   

スポンサーリンク

JR総武線 下総中山駅南口徒歩4分 完全予約制

リラックスおうちサロンで女性整体師によるトータルボディメンテナンス

心地よい生活のリズムで柔らかな日々のメロディを奏でる事ができるよう

お身体のバランスの面からぜひお手伝いさせてください^^

下総中山の整体『おとのいろ』でお身体のチューニング♪

(現在一時的に当日予約の受付を休止中です。ご了承ください)

前回のブログからの流れで

いい機会なので、少しだけお話させていただければと思います

いろんな整体院でコース化されている『産後の骨盤矯正』についてです

 

妊娠中に分泌される『リラキシン』というホルモンの名称は妊婦さんなら聞いた事があるかと思いますが

子宮、卵巣、胎盤などから分泌され

特に妊娠後期にかかる頃から分泌量が増えだします

このリラキシンは『子宮弛緩因子』とか、小難しい説明がされがちですが

要は靭帯を緩める働きをもったホルモンです

靭帯は筋肉と違い、通常は伸縮はしないものですが

リラキシンのおかげで、骨盤を支えている靭帯が緩み

分娩時に赤ちゃんがスムーズに産まれる助けをします

 

ちなみに骨盤周辺の靭帯だけではなく、全身の靭帯を緩めるので

支える力が不安定になることで、時に妊娠中の肩こりや腰痛の原因のひとつになったりもするんですが

お腹の中で育つ赤ちゃんを守るためだと考えればしかたのない部分でもあります

そこは腹帯やトコちゃんベルト等のアイテムをうまく活用する事をおすすめするとして

 

出産を終えるともちろんリラキシンの分泌量は少なくなっていきます

が、出産したからといってすぐ分泌されなくなるわけではないので

産後の骨盤矯正を希望される場合は

このリラキシンが分泌されている間に始めると効果に多少の違いはあるかもしれません

具体的な期間でいうと、産後3ヶ月~半年くらいです

このあたりの事情が産後の骨盤矯正をアピールする理由かと思われます

 

・・・とか言ってもねぇ

出産はいわば前哨戦ですから

『お母さん』という役職がついてからの方が修羅場でもあり

今までともガラリと人生自体が変わるさなか

骨盤矯正する暇なんかあるかいっ!

ほとんどの方がそうじゃないかなと思います

 

そして整体師としての私の意見も

わざわざ『産後の』とつけるほどの重要性や激的変化があるのか疑問があったりします

スポンサーリンク

以下から

おとのいろがマタニティコースと同様に、産後の骨盤矯正をコース化しない理由です

 

確かに通常時は開く事がない恥骨結合が開くことで産道を確保するわけですが

はい!赤ちゃん通りまーす!ゲートオープン!

的に自動で開くものではなく

赤ちゃんの体重を利用して押し開かれるものですから

赤ちゃんが通りすぎてしまえば元の状態に戻ります

 

瞬間的に変化したものよりも

それより期間の長い妊娠中に蓄積されたクセの方を重視するのが

整体師としては普通です

 

大きくなっていくお腹を支えるためにも

重心やバランスが変化するのはしかたのない事ですが

出産後でも妊娠中の姿勢がそのまま維持されてしまう方はとても多いです

筋肉は靭帯と違い、伸縮するものですから

一度収縮のクセがついてしまった筋肉は自然には元には戻りません

それだと身体はとてもつらいはずです

妊娠が理由でのクセという事になりますが

妊娠期間が終了してしまってから発生する問題なので

普段から施術しているような生活習慣からのクセと別件視するような理由はなくなります

 

妊娠出産は女性としてはその後の人生が変わる一大事

大袈裟な言い回しになりますが

無意味な煽りは整体師としての品格を問われるような気がします

あとは、妊婦さんだけでなく

不妊症や不育症で治療をされているお客さまもたくさん担当させていただいてきました

むしろこちらの方がデリケートな問題でもあるので

こうやってブログには書いてしまったのですが、出来れば

整体師としては私はなるべくどちらにもフラットな状態で接したい

 

そういう思いからも

おとのいろではマタニティコースはもちろん

産後の~など、妊娠出産に関するコースはこれからも作る予定は一切ありません

最後は余談になってしまいました

いつも長くてすみません^^;

 

 

 

 

もしよろしかったらランキング応援してください
ポチッとワンクリック!


自宅サロン ブログランキングへ

にほんブログ村 美容ブログ ボディケアへ
にほんブログ村

美容・健康

スポンサーリンク

 - 整体, 施術メニュー , , ,