おとのいろ

とある整体師のブログ(※記事中のホームページリンクは無効です)

*

確証バイアスの確証

   

スポンサーリンク

今は温浴施設内の整体ルームで働いているのですが

曜日を決めて2施設を掛け持ちしながら

依頼があれば親類縁者限定で自宅で施術をする日々を送っています

最初は3施設だったんですが、ひとつは2週間でやめましたw

その理由がなかなかにトリッキーなので、ネタとしてどうかなと書いてみる事にします

 

その光のはやさで辞めた施設の整体ルームは店長が中国人だったんですね

面接は社長だったので、その時点ではその事実は知らない状態だったんですが

聞いた時点で一抹の不安はありました、正直なところ

 

いやいや先入観や偏見はよくない

なるべくフラットな気持ちで頑張ろうと

・・・思ったのもつかの間で

やっぱり中国人はまともな人はいないのか・・・と

少なくとも私が出会った中国人には日本の常識がわかる人はいないようです

 

入店した時点でそもそもがいろいろおかしく

例をあげればキリがない

それでも自分のあとから入ってきた人間にいきなりあーだこーだ言われるのは嫌だろうと

気は使ってみたんです

あまりにも目に余るところは口は挟みましたけど

 

フェイシャル30分のお客さまを1時間やってたりとか

パックの待ち時間に食事をとってたりだとか

人として明らかにおかしい部分ですよ?

全然聞く耳持たなかったですけどね

 

オイルの拭き取りを一部位毎に逐一やっている事も驚きました

左足のマッサージが終わったら、そのオイルを拭き取ってから右足をやる

といった具合に

「あったかいタオルで拭き取るのが気持ちいいのヨ」

とか言ってましたけど

水は蒸発する時に温度を奪うのですよ

それではお客さまの身体が冷えきってしまう!

というか、それではオイルがメインではなく、拭き取るのがメインになるじゃない!

どんなコースよ、それ

コストも手間もかかりすぎるわ!!

「いいオイル使ってるからたくさん塗るヨ。だから気持ち悪いから早く拭き取る」

いいオイルならむしろ拭き取りなしでもいいんじゃなかろうか・・・

 

入店してすぐ、金属製の名札を渡されるというのもありまして

いやいや、待て待て!

私達の仕事はお客さまとの距離が近いんだから

貴金属類は危険なので身につけないのが常識なんですが・・・

この人、中国人以前にまずこの仕事の経験者なんだろうか

人がいなさすぎて素人を店長にしちゃったの?

 

本気で理解に苦しむ事が日常的すぎて笑いしかでてこない状態

もう無理ですよ、どう考えてもw

 

そして決定的な出来事が

同じ日に2つ

 

その店長は昔アパレル店を経営していたらしく

売れ残りの在庫を大量に持ち込んで

整体ルーム内で売り出したんです

挙句、当然のように「レジ覚えてくださイ」と

待たんかーーーい!!!

百歩譲って、あんたが勝手にやるなら考えてもいい部分はあるが

なんで一銭にもならない事を強制されにゃいかんのだ!?

服売るためにこの仕事やってきたんじゃない!

「たまには違う仕事もいいわね♪」

って、なるかーーーい!

 

さらにその直後

その店での初めての私指名のお客さま!

・・・の指名料を店長がもらわなかったために幻となりました

指名のお客さまの場合、歩合が通常より10%upする契約だったんですね

なので、私にとっては完全なる実害が早くも出たわけです

 

その日の勤務終了後すぐ社長に

「一緒に働くには無理です」

「もう二度と出勤しません」と

指名をしていただいたお客さまにだけは本当に申し訳ないと思っていますが

無理なものは無理

 

そのまま会社自体も辞めてもよかったんです、本当は

店長がまず群を抜いて無理すぎるというのを前提に

その店長と一緒に働けてる他のスタッフも私には理解しがたい

店舗として稼働できてるのも意味がわからない

そういう店舗があるという会社も信用できない

ネタとしては人から聞いたものであったとしたら笑い話ですが

実際に自分が働くとなると・・・

恥ずかしいですよ、そりゃ

 

そういった理由で今は2施設を掛け持ちしてるわけですが

辞めなかった理由を残りの2施設のうちのひとりの店長が持っていまして

そのお話はまた次に機会がありましたら・・・

 

ずいぶんとこの業界長くなったなと

いろんな経験してきたなと思っていたのですが

世の中にはまだまだ未知の世界が広がっているもんですね

私もまだまだですね

がんばろ・・・

 

 

 

 

もしよろしかったらランキング応援してください
ポチッとワンクリック!


自宅サロン ブログランキングへ

にほんブログ村 美容ブログ ボディケアへ
にほんブログ村

美容・健康

スポンサーリンク

 - 働き方, 思い出 , , , ,